トレダカ

気になる為になる情報をシェアします!

ブログ

クリスマスケーキより美味しい冬のフルーツ!?

2016/12/16

SPONSORED LINK

381fe68d65602617edc35bfe13f64f57_s

みなさんは『スイカ』は好きですか??

あの甘くてジューシーな『スイカ』ですが、スイカで連想するのは、そう夏!!

夏と言えば『スイカ』じゃないかと思うくらいに、夏の定番でありはるか昔から日本人に親しまれてきている『スイカ』なのですが、今朝の報道番組を見ていましたら、今日から『冬スイカ』の出荷が始まるというではないですか!?

『スイカ』は絶対的に夏でしょう!!という勝手な固定観念を持っていた筆者なのですが、その報道を見て、一瞬目から鱗だったのです。

 

しかも、今日から出荷が始まるというのが、筆者の住んでいるお隣の県の熊本ではないですか(笑

熊本といえば、いろいろな美味しい果物の宝庫県でもありますが熊本は植木の『スイカ』が超有名なのです。

筆者の地元でも熊本の『植木スイカ』を専門に仕入れて販売するお店があるくらい有名ではあるのですが、その熊本は植木よりもう少し北の方向の益城町が『冬スイカ』の出荷が始まったそうなのです。

2b440efd75fa9087b8fed98803c14671_s

益城町は『冬スイカ』の名産地

熊本県の益城町と言えば、今年の4月に起こった『熊本地震』で最も被害の大きかったところです。

今でも、ブルーシートが屋根に掛かっている家屋も多く復興へ向かっていますが、まだまだな現状の様です。

益城町のスイカ農家の方が、仮設住宅から農場に通われているという現実もあると言う事でした。

その益城町の『スイカ』ですが、震災の影響が大きく今年の夏はスイカが若干小さめだったみたいですが、22農家が約8千玉を選果場に持ち込んだという報道を見たのを憶えています。

 

筆者はてっきり、熊本県は植木がスイカの名産地と思っていましたが益城町はスイカの出荷が全国一位なのです。(笑

知りませんでした。失礼しました(笑

その益城町の『冬スイカ』ですが、ビニールハウスで育てられていました。

冬ですから、当たりまえと言えば当たりまえですが・・・

 

しかし、一つ驚いたのはビニールハウスの中は一切暖房機器は使用せず、ビニールハウスを三重にして中の温度を保つという事でした。

ビニールハウスの中に更にビニールハウスという感じなのです。

2ca44f72c3a76c2007b1f79a433c0ed6_s

益城町は『スイカ』を育てるのに適している!?

『スイカ』の名産地の益城町ですが、甘くておいしい『スイカ』は良い土壌と温度が大切です。

◎良い土壌

どんなに、良い種でも土壌が悪ければ発芽が悪くなってしまいます。

酸性とアルカリ性の違いも大きく育ち方が変わってしまいます。

◎良い水質

そして、最も重要なのが水!良い水質ではないと甘いスイカは育ちません。

阿蘇山麓に蓄えられた状流水を使用しています。

水を与えれ過ぎれば腐るし、与えなければ枯れてしまう。

当たり前の様ですが、この湿度のバランスで『スイカ』の糖度が変わってくる様です。

多すぎず少なすぎずで、この絶妙な水加減が益城の甘い『スイカ』をきっと作り出しているのでしょう!

◎良い温度

先ほどもお伝えしましたが、ビニールハウスが三重になっていました。

ビニールハウスの中にビニールハウスがある様な感じでとても珍しいかったのです。

最も寒い時期に植えるので、ビニールを三重にする事で温度を保つ事が出来るのです。

温度を保つための、暖房機器も一切使用せず温度も保てるのですから火の国熊本の恩恵なのでしょうか。

 

『スイカ』を育てて行く上で、管理も大切になってきます。

成ってきたスイカの間引きをする事でより正確なスイカを育てていきます。

そして、成っているスイカを真っ直ぐに置き直す事で顔を良くしてあげる様です。

これを『玉直し』というらしいですよ。

 

そして、収穫の始まりは12月で8月まで作業が続くそうです。

ですので、今月からのスタートだったのですね。しかし、これが8月まで続くとは・・・

私が『スイカ』は夏というイメージが覆りました。

この様なスイカの生産もあるのにびっくりですね!!

18a9ad85e8124a9a0f3ff1f1ca4f46d9_s

甘くて美味しい『スイカ』を食べるには

良く店頭で美味しい『スイカ』の見分け方なんて、良くテレビで見たことありますが、『スイカ』を叩いて「コンコン」ではなく「ポンポン」と鳴る方が美味しい『スイカ』です。

縞模様が濃くてはっきりしているのもキモです。

それと、冷蔵庫での保存ですが糖度を保つ為には15℃で保存した方がベストの様です。

美味しい『スイカ』をGetするのも目利きにならないといけないですね(笑

47e28de6ad4f63bbe0e89a793f5afab6_s

まとめとして

クリスマス直前にまさに今、益城町では『冬スイカ』の出荷が始まろうとしています。

生産者の方が『冬にコタツでスイカもいいでしょう~♪』なんて言われていましたが、本当にそうですね(笑

しかも、冬スイカは高価なのです!

 

テレビで紹介されていたもので一玉2100円でしたが、ネットでみると一玉5000円以上のものをありました。

下手するとメロン並みかもしれませんよ。

クリスマスの甘い砂糖たっぷりのケーキよりも、健康的に甘いスイカなんて良いかも知れませんよ(笑

 

『がんばれ!熊本』の意味でも益城町の『冬スイカ』いかがでしょうか?

筆者も機会があったら食べてみたいです。

それでは。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SPONSORED LINK

-ブログ

こんな記事も読まれています!