トレダカ

気になる為になる情報をシェアします!

ブログ

ガンダムはビーム兵器でザクはビーム兵器を持っていないの?武器の違いも調べてみた!?

2017/01/12

SPONSORED LINK

img_1

「ガンダム」と言えば、分かる人は多いと思ういますが、よく

ガンダム世代

なんて一つの時代を過ごしてきた世代の人たちが居て、筆者もその一人でもあります。

今時の「平成生まれ」の人たちには少し縁が無い話かも知れませんが、「ガンダム」はシリーズ化されて今現在でもテレビ、OVAで続いているアニメ会の大御所と言えるのではないでしょうか!?

その「ガンダム」正式には「機動戦士ガンダム」ですが、色んなMS(モビルスーツ)が登場するのです。

モビルスーツとは、アニメ内で活躍する巨大人型兵器ロボットを指すのですが連邦軍の「ガンダム」とジオン軍の「ザク」の武器があまりにも違い過ぎるのにお気付きでしょうか?

主人公のアムロ・レイが搭乗する「ガンダム」ですが、ビーム兵器を使えるのに対して、ジオン軍の象徴とも言える「ザク」がなぜビーム兵器を使えなかったのでしょうか??

連邦軍の「ガンダム」とジオン軍の「ザク」とは??

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

型式番号--- RX-78-2
頭頂高--- 18.0m
本体重量 43.4t
全備重---量 60.0t
装甲材質---超硬合金ルナ・チタニウム
出力 1,380kw(65000馬力)
推---力 24,000kg×2、3,750kg×2
総推力---55,500kg
センサー---有効半径 5,700m
最高速度---165km/h/130km/h

武装 60mmバルカン砲(内蔵:弾数50)×2
ビーム・ライフル
(オプションでスーパー・ナパームを装備)
ハイパー・バズーカ
ビーム・サーベル / ビーム・ジャベリン×2
シールド
ガンダム・ハンマー
ハイパー・ハンマー

地球連邦軍が開発した試作機1号機で主人公のアムロ・レイが搭乗する。

3か月余りの間に200機以上のMS(モビルスーツ)と15隻以上の艦船、および5機以上のMA(モビルアーマー)を撃破するといった戦果を挙げている上、ジオン軍の兵士から「連邦の白い悪魔」と恐れられる。開発者は主人公の父親で地球連邦軍の技術士官テム・レイであるのも有名は話である。

mig型式番号---MS-06(MS-06F)
所属---ジオン公国軍
製造---ジオニック社
生産形態---量産機
全高--- 17.5m(18.0m)
頭頂高---(17.5m)
本体重量--- 56.2t(58.1t)
全備重量--- 67.1t(73.3t)
装甲材質--- 超硬スチール合金
出力--- 976kW(951kW)
推力--- 43,300kg
(20,500kg×2、1,000kg×2、総推力43,000kg)
センサー---有効半径 3,200m(3,200m)
最高速度---(88km/h)
武装--- 120mmライフル 弾数100
280mmバズーカ
ヒートホーク
搭乗者---ジオン公国軍一般兵士

機動戦士ガンダムの劇中では、ほぼ全話に登場するMS。仮面ライダーで言うと「ショッカー」みたいなやられ役の設定になっているが、宇宙世紀初の実戦でMS同士が戦闘したのがこのザクとガンダムになります。最近公開された「オリジン」ではザクの方がガンダムよりカッコ良くみえるのは筆者だけではないはずです。

赤く塗装された通常の「ザク」より3倍のスピードの「シャア専用ザク」などは有名であります。

技術顧問のミノフスキー博士によって開発されたMS。

ガンダムとザクの武器と違い

3f1f638f1

ガンダムがメインとして使用する武器ですが、

ビームライフル

ビームサーベル

の2点になりますが、どちらも「ザク」にとって脅威のビーム兵器になります。

ビームライフルとは??

宇宙世紀におけるビームライフルとは、それまで戦闘用艦船に装備されていたメガ粒子砲を、エネルギーCAPを用いて威力を落とさず、モビルスーツがマニピュレーターで持てる携帯射撃兵装サイズに小型化したものである。

ビームサーベルとは??

エネルギーCAPによって縮退寸前の高エネルギー状態で保持されたミノフスキー粒子(一説にはメガ粒子)をIフィールドによって収束し、ビーム状の刀身を形成させるものである。

010_201404272054535da1

一方、ジオン軍の「ザク」のメインとして使用する武器は、

120㎜ザクマシンガン

ヒートホーク

の2点になりますが、「ガンダム」と比べてなんかショボイ(笑

ヤラレ役の宿命なのでしょうか?

「ガンダム」の武器がデジタルでしたら、「ザク」の武器はアナログといって感じでしょうか・・・

ザクマシンガンとは??

 主な特徴は銃身の真上に装填された円盤型の弾倉「ドラムマガジン」。旧ザクが使用するものはこれが横倒しになっている。
フルオートとセミオートが使い分け可能な点は、マシンガンよりもアサルトライフルに近い。

ヒートホークとは??

巨大人型兵器・モビルスーツの近距離戦用の携行武装。斧(トマホーク)型の形状をしており、ブレード部分を加熱することで金属を溶断する威力を発揮する。

「ザク」は「ガンダム」には勝てない!?

04975ffc

「ガンダム」が装備している武器、ビームライフルですが、当たれば一撃で殆どのMSは破壊されてしまうほどの威力です。

しかし、15回の射撃で弾切れになってしまうという弱点も・・・

引き続き使用するには、母艦からスペアのビームライフルを受け取る必要がありました(笑

次にビームサーベルですが、この兵器もビームライフル同様威力は抜群であり、第一話の「ガンダム大地に立つ」では奇襲を仕掛けてきた「ザク」を一撃で仕留めてしまうシーンも(笑

次にアナログ的な武器しか持たしてもらえない「ザク」ですが、「ガンダム」の装甲はガンダリウム合金と言うもので出来ています。

「ザク」が撃っても撃っても「ガンダム」にはザクマシンガンは効いてはいなかったようです(泣

全く効かないザクマシンガンを最後まで使っていたのかは謎ですが、雑魚役の宿命だったのでしょうか??

ヒートホークも斧型の接近戦用の武器ですが、なんかショボイ(笑

ビームサーベルと一戦交えれば凄く不利な気がします。

というように「ガンダム」と「ザク」は決定的に武器の違いがありました!

というのも、「1年戦争」では、連邦軍より先にジオン軍の「ザク」が開発され運用されていましたので、後から登場した「ガンダム」の兵器の方が進んでいたと考えられます。

ジオン軍も「ガンダム」の登場により、後出てくるMSゲルググからビーム兵器が開発されているようです。

でも、やはり「ザク」では束になっても「ガンダム」には勝てそうもないですね(笑

連邦軍に「ボール」という兵器がありましたが、あれに並ぶくらい

動く棺桶

と言えるかもしれません(笑

まとめとして

ガンダム世代の筆者ですが、未だにガンダムには熱くなれてしまいます。

やはり、ビーム兵器を持っていない「ザク」は「ガンダム」には勝算はなさそうです。

戦争初期より活躍していた「ザク」はもはや「ガンダム」が登場してきた時には時代遅れのMSになっていたのでしょう(笑

しかし、「ザク」は以外と好きとい人が多くアニメを引き立てる役でもありますが、瞬殺されてしまう可愛そうなMSでもありました。

「ザク」はその後も後続型が登場しており、ガンダムファンを楽しませています。

しかし、ヤラレ役からは脱出出来ていないようでしたが(笑

しかし、これからも「ザク」好きには変わりませんので、これからも「ザク」を応援したい気持ちです。

それでは。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SPONSORED LINK

-ブログ