トレダカ

気になる為になる情報をシェアします!

ブログ

「ガンダム鉄血のオルフェンズ」オルガ銃殺!オルガは生きている?誰の差し金?次回のデマが話題に!

SPONSORED LINK

今日夕方5時30分から放送された『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』2期第23話を見て衝撃を受けた人は多かった事でしょう!?

そう、「鉄華団」の団長である

オルガ・イツカ

が銃弾を浴びてしまったのです!!

ファンには衝撃なシーンとなりましたが、オルガは生きているのでしょうか?

オルガたちを襲った輩は誰たちだったのでしょうか?

偏見と独断で筆者なりに考えてみました。

銃撃されたオルガ団長は生きている?

鉄華団のリーダー的存在。リーダーシップに優れ、少年たちからの信頼が厚く、本人もそれに応えようと努力している。特に三日月とは幼少の頃から一緒で、兄弟以上の信頼関係を築いている。少年たちが虐げられることなく暮らせるようになるため、CGSへのクーデターを経て鉄華団を立ち上げた。

※出典:http://g-tekketsu.com/2nd/character/02.php

もうすぐファイナルを迎えようとしている『鉄血のオルフェンズ』ですが、まさかの事態になりました。

「鉄華団」のオルガが、黒いスーツ姿の男たちの銃撃されたのです。

地球のマカナイ先生に連絡する為に、ギャラルホルンの包囲網をマクギリスが注意を引き付けている隙に突破、鉄華団のアジトからクーデリアが経営する「アドモス商会」へとやってきたオルガたち、地球へと向かう段取りが取れて、これで鉄華団全員が助かると安心できたが、アドモス商会を後にしようと車へ乗り込もうとした時、黒い車が・・・!

黒いスーツ姿の男3人が突然の銃撃!

同行していたライド、チャドにも銃撃が襲いましたがチャドは肩に銃弾がオルガはライドを守ろうと盾に!

背中に数発銃弾を受けながら、三日月に借りた銃で反撃し1人を仕留めたが他は逃走。

その後はオルガの足もとが血が池の様に・・・(汗

まさに、

オルガァァァァァ~!!

の瞬間だったのです!!

恐らくあの出血から見てオルガは99.9%死んでしまったかと(泣

撃たれた後もセリフを言えるのが不思議なくらいの負傷でしたが、恐らくオルガはもう・・・。

直ぐに病院に搬送されて助かるって事も考えられますが、ファイナルも近いのでここでオルガがいなくなってしまうって事なのでしょうか?

オルガがいなくなってしまった「鉄華団」は?

三日月は??

残された団員たちが心配です(泣

オルガたちを銃撃したのは誰?誰の指示?

オルガたちを銃撃してきた男3人たちは、恐らく誰かに指示されただけの殺し屋、もしくはその者の配下の者と考えれます。

ギャラルホルンは普段制服を着用しているので、わざわざ私服に着替えて銃撃してくるというのも考えにくいと思います。

誰の指示だったのかに関しては、ファンの人たちならもう、お分かりだと思いますが恐らく首謀者は

ノブリス・ゴルドン

の差し金ではないでしょうか!?

ゼブンスターのラスタルと手を組んでいますし、「鉄華団」と関わりが深いクーデリアの「アドモス商会」に見張りを付けていた可能性は十分あると思います。

ノブリスがラスタルと通話している会話で

『ギャラルホルンの正義は揺るがない』

とラスタルへの忠誠心が見えたので間違いないでしょう!

しかし、もう一つ仮説考えられますがマクギリスが三日月を自分側へと勧誘しようとしていましたので、オルガを襲わせたというのもありな感じがしますが、そこまでしてという感じはありますね(笑

次回の第49話のガゼが流れているそうです(笑


次回の放送でマクギリスが「鉄華団」の新団長になってしまうというデマが流れているみたいですが、デマのようです(笑

ギャラルホルンを追放され、孤立してしまったマクギリスが銃殺されてしまったオルガに変わって「鉄華団」をひきいるような予告になってしまっています(笑

それはそれで見てみたい気はしますが、オルフェンズファンとしては

嫌だぁ~!!

自分の野望の為なら手段を選ばないイメージのマクギリスですので、鉄華団全滅してしまいますね(笑

オルガの生死はまだはっきりと分かりませんが、筆者的には全員で無事地球へ行ってもらいたいです。

まとめ

あと、2話程で「鉄血のオルフェンズ」もファイナルを迎えようとしています!!

団長の負傷でかなりの危機を迎えていますが、これから一体どうなっていくのでしょうか?

オルガがもし死んでしまったら、三日月はどうなってしまうのか?

そこも気になりますね!

今後の「鉄華団」が見逃せなくなりますね(笑

それでは。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SPONSORED LINK

-ブログ
-, , , , , , , , ,

こんな記事も読まれています!