トレダカ

気になる為になる情報をシェアします!

ブログ

鹿児島県でしか食べられない菓子パンがあった!?

SPONSORED LINK

1d617b17683b47cf3ae7f854bd02017b_s

みなさんは菓子パンは好きだろうか??

筆者も三度の飯よりも菓子パンは好きなのですが、その菓子パン好きな筆者に朗報が入ったのだ!!

朗報というような大げさな話でもないのですが、

『鹿児島オリジナル菓子パン』

という事らしいのです!

この菓子パン、九州住みで鹿児島県の隣の県に住んでいる筆者はてっきり

全国で売られている

と、てっきり思っていましたので朝の情報番組で

『えぇ~嘘でしょう!!』

と衝撃を受けたので紹介したいと思います(笑

どんな菓子パンなのか??

9f2ee30564e613bd42a3d42722c87ab5_s

その菓子パンですが、はっきりいって一度食べたらクセになるほど

おいしい!

のです。

その菓子パンはなんとあるものに食パンが挟まれている!?

という不思議な作りで、これを最初に考案した人は誰もが考えない発想の持ち主とも言えます。

しかも発売から

30年

経っている商品で鹿児島の人からいまだに愛されてやまない菓子パンなのです!

その食パンを挟んでいるあるものとは洋菓子の「カステラ」で、なんとカステラに食パンが挟まれている菓子パンなのです。

こんな菓子パン見た事ないでしょう?

鹿児島県の『イケダパン』が製造、販売している菓子パンで商品名が

『スナックブレッド』

と言う名前なのです。

正直、最初見た時は『これ、おいしいのか??』と疑問になるでしょう。

筆者も最初見たのは高校生の時に学食で売られていたのが最初でしたので販売から30年は納得です(笑

主に南九州でしか見る事が出来ない幻の菓子パンですが、もし見かけたら騙されたと思って一度食べてみて下さい!

絶対はまる事間違いなし!

外側にロールしてあるカステラは、しっとりほんのりあま~く、中身の食パンはふわふわしています。

なんかミスマッチに感じる組み合わせだが、これが全く違和感なし!!

このカステラと食パンのコラボたまらないのです(笑

スナックブレッドはなぜ誕生した?なんで九州でしか見ないの?

IMG_0096

この鹿児島県で誕生した「スナックブレッド」ですが、販売されて30年という歴史のあるパンですが、出来たきっかけは当時あまり食パンの需要が少なく、カステラに挟んで販売したら売れてしまったとの事らしいのです。

しかし、最初にこれを考えた人は凄いですね!!

全国でも例を見ない菓子パンですから、発想は素晴らしいと思うのです。

販売当時、あまり食パンの需要が少なかったとい事ですが、今からさかのぼる事80年代・・・

その頃に日本の朝食には食パンが浸透していなかったのでしょうか?

全国的にはそうでもなかったが、九州でも田舎だった南九州地方では少なくともそうだったのかも知れませんね。

でも、そのおかげで『スナックブレッド』がこの世に誕生したので感謝ですね(笑

次に、なぜ九州内での販売、厳密に言えば南九州でしか見ない菓子パンなのでしょうか??

その疑問は消費期限にあるようです(笑

この「スナックスレッド」は生もの並みに賞味期限が極端に短いのです!

筆者ははっきり確認はまだしていないのですが、なんと1日(笑

『生ものか~』

と言えるくらいの短さで、日本本土最南端の鹿児島県での製造ですから、輸送は難しいって事になりますよね。

全国にこのおいしい「スナックブレッド」をお届け出来ないのは大変忍びないですが、美味しさに秘密でもあるのでしょう!

まとめとして

この『スナックブレッド』過去には秘密の県民ショー内のあの常に転勤しまっくっているドラマ!?

でも紹介されて全国的に紹介されているので、もしかしたら知っている人も多いかもしれません。

もしかしたら、食べたよって人もいたらいいですね!

しかし筆者はこの菓子パンが鹿児島周辺でしか売られていない事実を恥ずかしながら、今日知りました(笑

という事は『スナックブレッド』は鹿児島近県でしか買う事の出来ない

ご当地グルメ

では無く

ご当地菓子パン

になるのですね(笑

なんか「スナックブレッド」が食べたくなったので近所のコンビニへ買いに行こうと思います。

それでは。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SPONSORED LINK

-ブログ

こんな記事も読まれています!