トレダカ

気になる為になる情報をシェアします!

ブログ

『格安SIM』に変えたいあなたにとってお得?お得でない?メリット、デメリットなど

SPONSORED LINK

23e84a79cf02784fc215719b4b1b6577_s

最近、よく耳にするようになってきた格安SIMだが、このような通信サービスをご存じだろうか??

携帯電話と言えば、ドコモ・au・ソフトバンクの三大キャリアが殆どを占めているようなイメージですが、近ごろでは毎月の通信料がかなりお得でテレビCMなどで宣伝されるようになってきたので少しづつ知られてきているようなのです。

その格安SIMですが、いまではもう30社ほどに増えていて料金も格安SIMというだけあって三大キャリアの半分以下なのであります。

筆者も今年13年使ってきたauからソフトバンクへNMPしたのだが、格安SIMも結構悩んでいましたが、結局格安SIMへの変更はしませんでした!

理由もあるのですが、その「格安SIM」のメリットとデメリットを調べてみました

格安SIMのメリットは??

905c6d74f52d6316e8a1969a95f09ce2_s

格安SIMに最大のメリットはやはり

毎月の料金

と言えるでしょう!!

とにかく最初見た時は思わず「大丈夫なのか??」と疑いたくなるような料金設定です。

プランで多少変わってきますが、例えば今現在格安SIMで人気の「楽天モバイルですが、一般的なミドルユーザーで料金を見ると月額料金の基本料金は1728円!

さらに、5分間かけ放題の通話オプションを追加しても+918円、合計しても2646円しか掛からないのだ!

ただ、5分間かけ放題オプションだが5分超過につき30秒ごとに10円かかってくる。

次に、やはり契約者にはたまらない

キャシュバック

があるのが嬉しい。

これは、価格ドットコム限定のようだが楽天モバイルなど契約すれば7000円のキャッシュバックが受けれるようだが、詳細は契約してみないと分からない。

このキャッシュバックサービスはすべての格安SIM社がやっているとは限らないので注意です!

それに電話番号そのままで

MNPが可能

という事ですが、前回契約していたキャリア別に申込みができるようになっていてSIMロックがかかっている端末もそのまま使用可能との事。

一昨年くらいに法律が変わってSIMロックがSIMフリーになってきていますが、それ以前の端末も可能になりますのでそこが嬉しいですね。

エリアを元のキャリアのエリアが引き継がれますので支障はなさそうです。

他にも、

対応している端末が多い

という事ですが、対応SIMカードが標準SIMからマイクロSIM、最近多いナノSIMなど広く対応していますので、各メーカーのスマホ、タブレット、モバイルwi-fiルーターなどで利用出来そうです。

最後に筆者的にはこれが一番良いと思えたのですが、各社

縛りは1年

になっています。

三大キャリアは2年縛りになっていて2年って、とてつもなく長いですよね!

格安SIM社は1年縛りですので、まだマシなのかなと思えますが、格安SIM社でも1年内の契約解除は違約金が発生します。

格安SIMのデメリットは??

c596e7576b0c231e61b5ffe1b1b4c7c9_s

やはり、格安SIMの最大のデメリットは端末を一括で購入して

端末を用意しなければいけない

事ではないでしょうか?

今時のスマートフォンは高額ですよね・・・

普通に10万超えている端末多いです(笑

前回三大キャリアでローンで購入していた場合は、ローンの残高を一括精算をする必要が出てきますので大きい出費になり大変痛いですよね!

端末の保証も無くなりますから、修理が発生したら実費になるのも痛いところかも知れません。

次に、

キャリアのメールが使えなくなる

事やら、

通話のかけ放題、家族間の無料通話などのサービスが無くなる

事でしょう!

実は、筆者もここが引っかかって格安SIMの乗り換えを断念したのです。

オプションで60分通話込というプランが用意されている柿安SIM社もありましたが、それでいい人は沢山いらっしゃると思いますが、筆者は仕事でかなり通話をするので引っかかりましたね・・・

格安SIMの場合、普通に通話すれば国内で30秒で21.6円とはっきり言って高いです!

5分間のかけ放題では恐らく足りなく、超過するのは間違いないし。

60分通話できるプランでも月の通話で考えればとうてい足りません。

基本料は抑えられても、通話超過の料金でえらい事に・・・

と考えたので格安SIMは断念したのですが、逆にデータ通信だけする人を考えれば、お得だと思えます。

まとめとして

結局のところ、格安SIMは得なのか?

得ではないのか?

という疑問にぶつかりますが、これは使う人次第という事でしょう!

ガンガンスマホで通話する人には、厳しいという事だし、データー通信メインな人には断然得って事になってきます。

良く考えて自分に合うキャリア、プランを選べば毎月の携帯料金が安くなりますので、考えかた次第では家計が助かりますよね(笑

毎月、1万円近く携帯料金に掛かっていた人には朗報ではないでしょうか?

筆者も次回、携帯を変える時にはこの格安SIMもっとサービスは向上している事を祈ります!

それでは。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SPONSORED LINK

-ブログ