トレダカ

気になる為になる情報をシェアします!

ブログ

名古屋ウィメンズマラソン2位!安藤友香選手の『忍者走り』って何!?動画あり

2017/03/13

SPONSORED LINK

無題11

本日2017年3月12日に行われた『名古屋ウィメンズマラソン』で初マラソンにて2位という優秀な成績を残した

安藤友香

さんですが、スズキ浜松アスリートクラブ所属の選手です。

初マラソンとなった今回の大会では『リオオリンピック』で銀メダリストである今大会1位だった『ユニスジェプキルイ・キルワバーレーン』選手と激走を演じた安藤友香選手ですが、今年の2017年夏に行われる『ロンドン世界陸上』の代表選手選考会となっているそうで、日本人最高位2位でゴールを決めて、日本代表の栄光を手にしました!

1位 2:21:17 ユニスジェプキルイ・キルワ バーレーン 
2位 2:21:36 安藤友香 スズキ浜松AC 
3位 2:23:47 清田真央 スズキ浜松AC 

と、タイムは2時間21分36秒となり、初マラソン最高記録となり、さらに

1 2時間19分12秒 野口みずき 2005年 ベルリン  
2 2時間19分41秒 渋井陽子 2004年 ベルリン  
3 2時間19分46秒 高橋尚子 2001年 ベルリン  
4 2時間21分36秒 安藤友香 2017年 名古屋ウィメンズ
5 2時間21分45秒 千葉真子 2003年 大阪国際  
6 2時間21分51秒 坂本直子 2003年 大阪国際  
7 2時間22分12秒 山口衛里 1999年 東京国際  
8 2時間22分17秒 福士加代子 2016年 大阪国際  
9 2時間22分46秒 土佐礼子 2002年 ロンドン  
10 2時間22分48秒 前田彩里 2015年 名古屋ウィメンズ

日本歴代記録ベスト10入りで、堂々の日本歴代4位と輝いた!!

まさしく、デビュー戦で圧倒的な成績を残したと言えるでしょう(笑

凄いですね!!

その、初マラソンで2位の安藤友香選手を2位へと導いたと言われる

忍者走り

とはどんな走り方なのか調べてみました!!

安藤友香さんとは??

20110331_1747597

フルネーム---あんどう ゆか
ラテン文字---Yuka Ando
国籍---日本
種目---長距離走
所属---スズキ浜松アスリートクラブ[1]
生年月日---1994年3月16日(22歳)[1]
出身地---岐阜県
身長---161cm
体重---43kg
自己ベスト---5000m・15分32秒67 10000m・31分58秒71
ハーフマラソン---1時間9分51秒
マラソン---2時間21分36秒

経歴

・2012年 全国都道府県対抗女子駅伝第2区 区間賞12’22(4km)

・2015年 全国都道府県対抗女子駅伝第1区 区間賞19’15(6km)

・2016年 全国都道府県対抗女子駅伝第1区 区間賞 19’19(6km)

・2016年 香川丸亀国際ハーフマラソン1時間10分10秒 4位(日本人トップ)

・2016年 世界ハーフマラソン選手権大会1時間10分34秒 10位(日本人トップ)

・2017年3月12日 名古屋ウィメンズマラソン 2時間21分36秒 2位

こうして経歴を見てみると、昨年は走行距離が短いハーフに参加されていたのでしょうか!?

今回の名古屋名古屋ウィメンズマラソンが2時間21分36秒と考えると、ハーフで1時間10分で2回参加していますが、フルマラソンになっても全くペースダウンしていない事が分かりますね。

初マラソンながら凄いランナーが誕生したものです(笑

安藤友香選手の忍者走りとは??

607f34f304b7f0131178b373f8aeb6d4_s

忍者走りとは正式なネーミングではないようです(笑

安藤友香選手の走り方は独特で両手を下げたまま、ほとんど腕の振りがないフォームなので

忍者走り

と言われているだけのようです(笑

忍者走りの言われと言うと、日本人が通常走る時に手を振るようになったのは、明治時代以降だとか・・・。

江戸時代のお侍さんたちは、右手は太ももの辺りに添えて、左手は刀が邪魔にならぬように押さえて走っていたとか。

時代劇などで見た事ありますね(笑

江戸時代などは、袖の広い着物を着ていたので腕をよく降れなかったという事もあります。

忍者に限れば、偵察中に手を大きく降って走ると障害物に当たってしまう可能性が高くなってしまうので、発見されるリスクを抑え、動きの速さよりも発見される確率を下げる為に必然的に手は振れないのでそのようなフォームの走り方を『忍者走り』と言われたようです。

安藤友香選手の『忍者走り』フォームでは、手を振らない事で体力の消耗を抑えて、ほとんど疲れない走り方なのかもしれません。

筆者はマラソンは素人ですので、本人しかわかないと思いますが・・・。

もしかしたら、安藤選手の経験で編み出した技なのかもしれませんね。

今回の大会のように42.195キロという長い距離を走っても、疲れてペースが落ちないかもしれませんね!

その『忍者走り』フォームのおかげで2位という成績に繋がったのかもしれません(笑

素晴らしい

ですね。

まとめ

今回の大会で初マラソンで2位、歴代4位という優秀な成績を残した安藤友香選手ですが、これからの活躍がさらに楽しみですね!

今年の夏に開催される『ロンドン世界陸上』ではどんな走りをしてくれるのか注目ですね。

これからの安藤友香選手の活躍を見守っていきたいものです。

それでは。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SPONSORED LINK

-ブログ
-, , , , , , , , ,

こんな記事も読まれています!