トレダカ

気になる為になる情報をシェアします!

ブログ

本日放送の金曜ロードショーの『千と千尋の神隠し』の名キャラクターカオナシの正体、存在は??

2017/01/21

SPONSORED LINK

wb050629028

今日の21時から放送される金曜ロードショーで

「千と千尋の神隠し」

が放送されるが、何回も見たって人もいる事でしょう!

でも、何回でも不思議と見たくなるのがジブリの世界なのです。

2001年に公開された誰もが知っている宮崎駿監督によって手がけられた作品ですが、世界中から脚光を浴びた事でも有名であります。

その「千と千尋の神隠し」ですが、その中でも特に印象的なキャラクターと言えば、

「カオナシ」ではないでしょうか!?

その「カオナシ」ですが、はっきりいって謎が多いキャラクターでもありますね(笑

その謎が多い「カオナシ」について調べてみたのでご紹介したいと思います。

カオナシとは??

img_0

劇中に登場してくる「カオナシ」ですが、無表情である意味ほんとうに「顔無し」であります。

劇中もそのシーンがありましたが、砂金を欲しがる下働きの青蛙を丸のみしましたが、欲した人を瞬間的にまる飲みする恐ろしいやつでもあるのです。

千尋の事を気に入ったのか、千尋が働かされていた湯婆が経営している油屋に来て大判ふるまいをした後、千尋に砂金をあげようとしましたが拒絶されて騒動を起こした後に千尋が銭婆と所へ行く時に千尋の後を追いかけてくるシーンが凄く面白かったのですが、千尋に付きまとうストーカーのようでしたね(笑

まるで、行き場のない寂しい妖怪のように見えましたが、宮崎駿監督はこう「カオナシ」の事を話しています。

宮崎駿監督曰く

『カオナシは誰の心にも存在する』

と言う事らしいですが、ならば筆者の心にも「カオナシ」は存在する!?

カオナシは現実世界でも油屋の世界でも居場所のない不安定な存在(千尋に居場所や親について聞かれた時に困惑した、また、銭婆にとどまるよう言われた=居場所を提供されたとき非常に喜んだことから)出処は人間の心なのだろう。

なんか、深いですが分かるような気がしますね・・・

また、「カオナシ」は誰からも気付いてもらえず油屋の橋の上に突っ立っていました。

居てもほとんど気づかれる事がなく空気みたいな存在になっていましたが、

自分の居場所がない、誰から見ても存在感ゼロで必要としてくれる人がいない存在

という事になってしまうのです。

『さ、さびしい~』

と言うセリフも何か納得できますね(笑

でも、どこか憎めないキャラクターでもありますね。

実はカオナシも表情があった!?

tumblr_mkfr2bRPl71qbnquho1_500

白い顔で無表情と思われていた「カオナシ」ですが、よ~く見ると表情もあった!?

喋りは

「あっ~あっ~」

のワンパターンだったような気がしますが、微妙に表情も感情によってあったみたいです(笑

目と口の形が少しではありますが、変わっていますよね?

なんとなく表情に反映していませんか(笑

今日の放送でしっかり見ておきないと思います!

カオナシのモデルも存在した!?

なんと、「カオナシ」にモデルがいたという事ですが、そのモデルになったと言う人は、「借りぐらしのアリエッティ」などの監督をされていた米林宏昌さんらしいですが、本人は否定しているそうです。

米林

似ているって言えば似てるような・・・

似ていないって言えば似てないような・・・

しかし、「カオナシ」は表情がありませんので似ていると言われても微妙な気持ちになりますよね(笑

まとめとして

今日21時から放送予定の「千と千尋の神隠し」がありますが、その中の不思議キャラの「カオナシ」でしたが、いろいろ考えながら見ると何回も見た作品でもまだまだ世界観が広がっていきそうですね。

しかし、誰の心の中にもいるという事ですがいつ私たちも「カオナシ」になってしまうかわかりません(笑

まさにこの作品の象徴とも言える「カオナシ」こそ、主人公だったかもしれませんね。

それでは。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SPONSORED LINK

-ブログ

こんな記事も読まれています!