トレダカ

気になる為になる情報をシェアします!

ブログ

漫画家の武田日向さん1月に死去されていた!死因は肺胞出血!?武田日向さんの画像は?

SPONSORED LINK

ライトノベル『GOSICK』シリーズの挿絵や『異国迷路のクロワーゼ』で知られる漫画家・武田日向(たけだ・ひなた)さんが今年1月、病気のため亡くなっていたことがわかった。9日、『GOSICK』の公式ブログで発表された。

ブログでは『GOSICK』作者の桜庭一樹氏が逝去を報告。「武田日向さんとは、小説家と絵師として、一緒にゴシックワールドを創ってきました」と振り返り、「1巻の装画を受け取ったときの驚きを、いまも覚えています。キャラクターの魅力と個性、図書館塔の空間把握。なんと密で大胆な絵か…! 負けないようにとがんばって書くのですが、イラストはそれを軽々超えて、届き、届き、届き続けました」と武田さんの作品をしのんだ。

続けて「最後にゴシックの絵を描いていただけたのは、2011年のことでした。アニメ化されたとき、DVDの全巻収納ボックスのためにと、描き下ろしてくださいました。ご体調が万全ではない中、渾身の力で完成させてくださったのだと、聞きました」と明かし「いま、胸の中を探すと、感謝と尊敬の気持ちしかみつからない。それから、自分の文章を超えて広がってくる、あの凄い画力に対して…いまでも、強い喜びによる興奮と、畏(おそ)れる気持ちが、同時に感じられます」と思いをつづっている。

※出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000315-oric-ent

漫画家の武田日向さんが今年2017年2月に病気で死去されたいた事が「GOSICKオフィシャルブログ」で発表されました。

桜庭です。

今日は、読者のみなさんにとても悲しいお知らせがあります。

『GOSICK』シリーズのもう一人の作者である漫画家の武田日向さんが、ご病気のため、今年1月にご逝去されました。
本日発売の「ドラゴンエイジ」6月号に訃報が掲載されています。

武田日向さんとは、小説家と絵師として、「ドラゴンマガジン」2004年1月号に載った最初の短編から、富士見ミステリー文庫版、「ファンタジアバトルロイヤル」連載、そして角川ビーンズ文庫版まで、一緒にゴシックワールドを創ってきました。

※出典:http://gosick.jp/blog/684/

武田日向さんは才能あふれる方で「異国迷路のクロワーゼ」の時は10代だったそうです。

享年29歳という若さでこの世を去った武田日向さんですが、死因となった病気が何だったのでしょうか?

ファンたちからも悲しみの声が上がっているようです(泣

武田日向さんのプロフィール

武田 日向(たけだ ひなた、1988年 - 2017年1月)は日本の漫画家である。女性。代表作は『やえかのカルテ』、『異国迷路のクロワーゼ』、『GOSICK -ゴシック-』。

2017年1月死去。2017年5月9日発売の『ドラゴンエイジ』2017年6月号及び『GOSICK -ゴシック-』公式ブログの同日の作者桜庭一樹によるエントリーで公表された。

※出典:wikipedia

代表作品は「やえかのカルテ」「異国迷路のクロワーゼ」「GOSICK・ゴシック」など。

武田日向さんの死因は?

ニュースサイトでも「病死」となってういて詳しい死因などは記載されていませんが。武田日向さんの死因は「肺胞出血」だったという事です。

もともと体は丈夫な方では無く、仕事の時も身体をいたわりながらの仕事だったようです。

車椅子で生活をされていたとの情報もありました。

肺胞出血(はいほうしゅっけつ)とは、肺胞の毛細血管から出血する症状のこと。

【肺胞とは】
肺胞は、血液中の二酸化炭素と肺胞の中の酸素を交換する役割を果たしている。
肺に3~6億個程度ある肺胞は、毛細血管が網目状になっている。

【原因】
血管炎や薬剤、肺の疾患などによって引き起こされる。

【症状】
肺胞での出血は、せきや痰に血が混じるなどして自覚症状として現れる。出血量が少ない場合には、自覚症状がないままという場合もあるが、出血が肺全体に及ぶ場合(びまん性肺胞出血)には肺から酸素を取り入れることが難しくなり、呼吸が苦しくなる。その他、黒い痰が出ることもある。
およそ7割の症例ではせきや痰に血が混じるなどの症状がみられるが、その他は明確な自覚症状がなく呼吸困難となることもある。
※出典:https://www.kango-roo.com/word/16068

ネット上の反応は?

東京医科歯科大学で医師刺される!医師のパワハラが原因か?研修医の画像は!?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SPONSORED LINK

-ブログ
-, , , , ,

こんな記事も読まれています!