トレダカ

気になる為になる情報をシェアします!

ブログ

クリスマス直前!!可愛くて安い『松ぼっくりツリー』を作ろう!!

SPONSORED LINK

ce429ec41107a4527d2bd431dc3fe44b_s

クリスマスまであと、1週間に迫りました!

街中では『クリスマスツリー』やイルミネーションが綺麗に点灯しています。

そのクリスマスの象徴でもあるクリスマスツリーですが、ショッピングモールの吹き抜けに『ドーン』ど置いてあるものから、置物の様な小さいものまで、いろいろあって私たちの目を楽しませてくれます(笑

その『クリスマスツリー』ですが、家で簡単に安く作れるかわいい『松ぼっくりツリー』の作り方をご紹介致します。

材料は100円ショップで全部揃いますので、お手軽で子供達と一緒に作れて楽しいですよ!

材料を紹介。

・ビッグパインコーン(巨大な松ぼっくり)

・クルーガン(これは別に絶対に必要ではありません)

・クルースティク(クルーガンで必要です)

・ラウンドビーズ(飾り付け用)※今回は丸型、星型を使用しています。

・マットパールビーズ(飾り付け用)

・ラッピングタイ(飾り付け用)

・工作用ペイント(水性)※今回はダークグリーンを使用しました。

img_1799img_1790

全てお近くの100円ショップで揃います。今回はダイソーにて購入しました。

クルーガンは飾り付けを接着する時に使用しますので、手で付ける場合は必要ありません。

それでは、『松ぼっくりツリー』作りスタートです!

巨大松ぼっくりをペイント

別にこの巨大松ぼっくりにこだわる必要はありませんが、大きいので今回使用しました。

見たことない様なでかさの松ぼっくりです。[made in china]となっていますので日本

にはない物かもしれませんね。

正直、気持ち悪いくらい大きい松ぼっくりです。

水性のダークグリーンで松ぼっくりにまんべん無くペイントします。

img_1796

img_1798

今回は筆で塗っていますが、スプレーの方が早く塗れます。

この時、インクが手・衣服・テーブル付着しない様に気をつけましょう!!

新聞紙などを引きましょう。

よ~く乾燥させてから飾り付けに入ります。

ドライヤー、ファンヒーターの前等で乾燥させると早く乾燥しますよ。

松ぼっくりに飾り付け

クルーガンとピンセットを使ってまず、大きめのビーズから付けていきます。

少なくても何か寂しいし、多すぎてもゴチャゴチャになりますので適度につけましょう。

img_1800

一個一個丁寧に付けていきます。

img_1804

これくらいでしょうか!?真珠みたいなビーズです。

真ん中周辺に付けるのがコツでしょうか。

img_1805

次に小さいビーズを飾りつけていきます。

今、星型のビーズを付けていってます。

この時、つまようじ等を使うと便利です。

img_1807

次に赤色の小さいビーズを付けます。

飾る時にビーズの順番は大きいものからがポイントです。

小さいビーズに関しては順番はありません(笑

img_1806

こんな感じでしょうか、少し飾り付けが少なめに感じますが、ラッピングタイが付きますのでこれくらいで良いと思います。

img_1809

img_1810

最後にラッピングタイを巻き付けます。

最上部にクリスマスらしく赤いリボンを付けてみました。

かわいいでしょう~(笑

金色と銀色のラッピングタイです。

クルーガンを使用してノリ付けです。

クルーステックの接着ですと、早く乾いて取れないのでおススメですよ。

完成

img_1812

最後にカップなどに乗せてやれば完成です!!

家にあったサーティーワンアイスのクリスマス限定のカップに乗せてみました。

いかがでしょうか??

可愛いでしょう!

もっといい場所で撮影すれば『松ぼっくりツリー』が引き立つのでしょうが、我が家ではこれが限界(笑

まとめとして

分かりやすく画像を付けて説明したつもりですが、いかがだったでしょうか??

作って完成してみると、意外と可愛くて良いですよ。

豪華なイルミネーション付きのツリーも良いですが、今回ご紹介した『松ぼっくりツリー』もなかなかGOODです。

あくまでも参考で材料など、ご紹介しましたがビーズの色、形はご自分で気にいった物を使用するのがベストです。

世界に一個だけの、あなただけのツリーを作ってみませんか?

それでは。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SPONSORED LINK

-ブログ

こんな記事も読まれています!